たかが携帯、されど携帯。携帯代をちゃんと支払うことが、カードローン審査に影響します。

昨今では皆が一台ずつ利用していると言っても過言ではない携帯電話。
携帯電話会社の施策で「2年間は同じ携帯を使い続けなければならないかわりに、携帯料金を安くする」という割引制度ができて久しいですよね。
ただの分割払いに見えるこのサービス、信用情報に関わるって知ってましたか?

この制度では、購入した携帯電話端末代を2年間に分割て、携帯{電話|]の利用料金と共に支払を行う仕組みになっています。
「端末代を{分割{払いする」ということは、結局ローンを組んでいるのと同じなのです。
ですので、端末代の支払状態は信用情報に登録されてしまいます。
便利そうだからと利用代金と一緒に支払いをしているために、このことを知らない方が多いのが現状です。

携帯端末料金を分割して支払っているにもかかわらず、
利用代金を払わなかったときどうなるのかおわかりでしょうか?
分割した携帯端末料金は毎月の携帯の利用料金に含まれている、と先程述べましたが、
遅延を起こしてしまったときはクレジットカードやカードローンの支払が遅れたこととなのです。

一般的には3ヵ月を越えて支払を行わないとと信用情報に記載されると言われており、
遅延の記録は5年間残ってしまいます。
信用に傷がついてしまうとキャッシングやクレジットカードなど、
信用が関わる審査はその間は審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。

ですので、「{利用料金を遅延させたとて、利用を止められるでしょ?|たかが電話代を払わなかったぐらいで大げさな」
などと軽く見ずに、ちゃんと支払を行うことが、日常生活で行える審査に落ちないためのポイントです。

楽天銀行スーパーローン審査はこちら

楽天銀行カードローン審査のコツだけでなく口コミ・評判や金利、審査時間やその流れ、融資スピードなどのメリット・デメリットを解説しています。

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ